モジモジさんが行く?

文字を書いて読むのが、心のビタミン。
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
死ぬまでにしたい10のこと
 色々あるなぁー。

1.コンプレックスな部分を整形する
2.視力回復
3.世界三大珍味を現地で食べる
4.庭付き一戸建て
5.自分のお店を開く
6.値段を見ることなく料理を注文する
7.何かの表彰を受ける
8.自分の名前で本を出す
9.我が子を産む

 あと、1個。
 これは、10番目じゃなくって1番目よりも最優先っていうか、昔からずっと思ってること。

 お世話になった全ての人に、感謝の言葉を言いながら死にたい。
| トラックバックBOX | 01:29 | comments(0) | trackbacks(38) | ↑PAGE TOP
家族にまつわるエピソード
 実家の話を。
 両親と、私に妹という四人家族です。私と妹は6つ離れているので、母が外出などしているときは、私が妹の保護者のような雰囲気になっていました。
 父はとても厳しい人で、今は歳を取ってかなり丸くなりましたが、口よりも手が先に飛んでくる人でした。私も妹も、よく怒られては叩かれていました。当時はそんな父が、とても怖くて仕方なく、会話することすらできない時期もありました。そんなこともあって、今でもちょっと大きな声で誰からでも名前を呼ばれると、怒られると思ってビクっとなったり、近くで手をスッと上に上げられると叩かれると思って怖くなってしまいます。
 ですが、常に乱暴というわけではありません。普段は笑うと目が筋になって無くなってしまうくらい、とても優しかったです。
 父の血を濃く引いたのは妹のようで、私よりも積極的なところも多く、すぐに怒るところは見ていて少し微笑ましいです。

 母はも積極的な性格ですが、なんとなくのほほんとしているところがあります。ストレスなどが溜まっても、とりあえず一回発散できればさらっと流すことができる人です。そして私は母の血を濃く引いたようです。人を怒るのが苦手で普段は基本的にニコニコしているんだけれど、一度怒ると暴れ馬のように手が付けられなくなるタイプですね。

 そんな4人でファミレスなどへ行って、もしもオーダーミスやなかなかサーブされないと、ちょっと面白いことになります。
 父や妹の料理が遅くなったりすると、店員にしっかりと文句を言います。あまりにも待たされたりすると、何も食べずに店を出てしまうくらいです。でも、なかなか良いところもあって、怒った店員に対して帰り際にしっかりとフォローを入れるんです。このフォローがあると、店員さんも救われるんでしょうね。お店を出るときは全員が笑顔になっています。
 ところが、母や私の料理が遅かったりすると、父や妹にするとかなりイライラさせられるようです。なにせ、とりあえず座って話せる体勢が整っていれば、料理が少し遅れるくらい気にしないからです。自分以外の全員が食べ終わっているのに、自分の分だけまだ来なくても平気なんです。でも、いきなり限界が来て急沸騰してしまうのが特徴です。
 文句を言い、帰りは手にしっかりとお客様の声カードを持っています。そして店内の箱に入れるのではなく、ポストに投函してしまうくらいの念の入れようです。あまりやってしまうとクレーマーになってしまいますから、しつこく何かということはありませんけれどもね。

 一度、全員の料理が全然来ないことがありました。
 父と妹はイライラしっぱなしで、母と私は二人をなだめている感じだったんです。ところが、突然私のスイッチが入ってしまいました。すると今度は、父と妹が私をなだめる役になったんです。
 最終的に店長が頭を下げに来たので、そこから先は父に全てを委ねて、帰るときには店長も含めて全員笑顔と丸く収まったのですが……もしもあそこで、ちょっとでも家族の歯車が噛み合っていなかったら、どうなっていたんでしょう。
 家族って、負の感情が働いてしまっても、しっかり正のフォローを入れられるんですよね。
 温かい家族で育つことができ、今でも本当に感謝しています。
| トラックバックBOX | 17:13 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
先延ばしにしていること…
 色々あります。
 その中でも特に先延ばしにしちゃってるのが、貯蓄かなぁ。
 金銭感覚が麻痺しちゃっていて、というか子供時代はあまり裕福ではなくてお金に困るような場面を何度も目撃したこともあったので、お金を手にしたときに貯めずに遣ってしまうっていう浪費癖というか、お金を切りつめて生活したくないっていうか、昔のそれを思い出しちゃうので辛くなるっていうか、そんなこんなで貯蓄が全然はじめられません。

 とりあえず8年くらい前に財形型の生命保険には入りましたが、満期がきてもそんなに貯まるものではないので微妙だしなぁ。今の貯蓄額とか見ると、この保険はちょっと損何じゃないかなと思えてしまうくらいだったり。

 固定資産になるようなものも、一切持って無いしなぁ。
 家も土地も車も、なぁーんもありません。
 友達なんかには、しっかり家を持っていて車もあって、子供も二人いちゃったりするのにね。私ときたら、一体何をしているのやら。
 今が楽しければそれで良いわけないんだけど、将来のことを考えるのが苦手すぎちゃって。明日は明日の風が吹く、なんて言葉はとっても似合っちゃうような生活をしています。

 あははははー。
| トラックバックBOX | 02:59 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
最近“おおっ!”っと感動したこと
 スーパーのお総菜コーナーで売られていた、クリーム揚げパンです。
 極々普通のスーパーの、極々普通のお総菜コーナー。
 良く言えば失敗はなく、悪く言えば感動もないお総菜が売られています。

 そこで、クリーム揚げパンというのが目に入りました。
 ちょっと前から売られていたんですが、なんとなく怪しい雰囲気があったので手を出しあぐねていたんです。

 今日は金曜日で、フライデー。揚げ物が安くなる日でした。
 本命は大好物のメンチカツで、今晩はお総菜でいいかぁーと思ってたんです。
 旦那の分にトンカツも買ったし。というか、旦那が勝手にトンカツを取ったんですけれどもね。メンチが1個70円のセール品を2つで140円なのに対して、トンカツは通常価格300円。なぁーんかこの160円の差が腑に落ちないわけです。
 が、そこで禁断のアイテムをパックに詰め始めた人が約一名。
 はい。私です。

 家に帰り、ご飯を炊いて、お総菜をオーブンでカリカリに温めて……
 食後でした。
 揚げパンです。二人とも全く期待をしていませんでした。

 が、ビックリだったんです!
 中に入っているクリームが、とっても美味しかったんです。
 めちゃんこ感動です。
 甘すぎないカスタードクリームに、しっかりとバニラビーンズまで入っていて風味も豊かでした。

 ここまで美味しいクリーム揚げパンは初めてで、“おおっ!”っと感動しました。
| トラックバックBOX | 20:08 | comments(0) | trackbacks(4) | ↑PAGE TOP
最高にツイてる日、最高にツイていない日
 久しぶりのトラバBOXですね。
 最高にツイていない日を書きたいと思います。少し覚悟してください。

 今から2年ちょっと前。
 友達の家に遊びに行った時のことです。

 友達が住んでいたのは、平屋の狭い一戸建てです。
 あまり掃除が得意ではない友達だったので、夏場は壁や床を小さな黒いお友達が縦横無尽に遊んでいました。
 その日、私はお土産にバルサンを3つ買ってきました。
 遊びに行ったというのは聞こえが良いですが、本当は友達からヘルプがあって片づけに行っただけです。

 家に着き中へ通されると、かなり綺麗に片づけられていました。
 聞いたところ、一念発起し三日掛けて掃除をしたんだそうです。
 でも一人では重たい家具を動かせなかったりしたので、どうしても人手が欲しかったんだとか。
 そこで、家具を動かして裏を綺麗にしてから、バルサン大会にしようということになりました。

 まずは、一番重たいドレッサーから。
 少し動かすと、わらわらわらっと黒い恋人が……。
 あまりの数に二人ともビックリしてしまいのけぞると、友達が後ろの棚に背中からぶつかってしまい、上からこけしが落ちてきました。それが友達の頭にヒット。さらに、そのこけしが私の巻き爪を直撃。
 唸っていると、首筋に何かが落ちてきました。反射的にそれを払うと、立派に成長した黒いお友達。その瞬間全身が痒くなり、とりあえず急いで手と首筋を台所用洗剤で洗いました。
 何はともあれ、先にバルサンしてしまおうということになり、友達はたんこぶ、私は巻き爪の痛みに耐えながらバルサンをセットして家から脱出しました。
 最低でも2時間は表にいなければならないので、近くのファミレスでコーヒーでも飲みながら待つことにしました。
 が、二人とも手ぶらで表に出てしまったのです。
 お金がなければ、何もできません。しかも私はバッグの中に携帯を入れていたので、ちょっと困ってしまいました。そこで意を決して友達はバルサン煙る家に突入。見事、私のバッグと自分の財布を持ってくることに成功しました。

 ファミレスまでのんびりと歩いていると、私の携帯が鳴りました。
 もちろんそれを取るわけですが、バッグの中の携帯の上に、ヘトヘトになった黒い物が。
 公園のベンチの上でバッグの中身を全部出し、ウェットティッシュで綺麗に拭きました。
 さすがにテンションも大幅にそがれ、友達も今日は家に帰りたくないということで、駅まで行って解散しました。私は帰宅、友達は実家へ。

 そして家に帰ると、まっさきにお風呂に入りました。首筋が痒くなってきたのもあって、すぐに洗い流したかったんです。
 で、お風呂の鏡を見て愕然としました。
 台所洗剤で洗ったのが災いして、その部分が赤くただれてしまっていたのでした。

 お風呂から上がって皮膚科へ行き、長い時間待たされて、診察はほんの少し。塗り薬と飲み薬をいっぱい出され、なかなかの出費を強いられました。

 今でも良き友ですが、それ以来そこへ行くことはなくなりました。
 友達もそれからすぐに引っ越しましたが、私を家に呼ぶことはなくなりました。
| トラックバックBOX | 20:07 | comments(0) | trackbacks(5) | ↑PAGE TOP