モジモジさんが行く?

文字を書いて読むのが、心のビタミン。
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
電車の中で-その2


 車内で飲食や化粧などする姿を多く見かけ、人前でそういうことをするのに抵抗がないって恥ずかしいなぁとか思ってしまいます。特に化粧は如何なものかと。

 とある土曜日のお昼前、10代後半から20代前半の女の子が乗ってきて、私の向かい側に座りました。一息つく間も惜しいというくらいの勢いでカバンの中からポーチを取り出し、化粧を始めたのです。
 メインはアイメイクのようで、シャドーを塗り終わるとマスカラを付け始めました。
 グリグリと親の敵のように、目一杯塗りまくります。

 そのときでした。
 電車が停車直前に急ブレーキをかけたのです。おそらく、停止線ギリギリになったのでオーバーランを避けるためだと思います。
 そうしたら見事に、左目にマスカラを付けていたその子は、目頭から鼻、そして勢い余って右頬まで手を滑らせてしまいました。
 左目から一直線に右下へ延びる黒い線。

「ったくよーっ! 腐った運転してんじゃねーよっ!」

 割と可愛い感じの子だったのですが、化粧を乱されたことに激怒して汚い言葉を吐きました。
 どうするんだろうと思ったら、周りの人が全員注目している中で堂々とすぐにクレンジングシートで落とし、何食わぬ顔をしてファンデーションもつけ、マスカラに戻りました。

 車内で化粧をしている方が、どれだけ恥ずかしいか。失敗を運転手のせいにするのではなく、家でメイクをしてくる時間を作らなかった自分が一番悪いのに。それに、化粧品の臭いって物によっては周りに迷惑なんですよね。
 挙げ句の果てには暴言。

 格好を見るに、これからデートなんだろうなという雰囲気でした。
 彼氏は彼女のこの裏の顔、むしろ本性を知っているのでしょうか……?
| 電車内で | 16:16 | comments(0) | trackbacks(3) | ↑PAGE TOP
電車の出来事-1
 電車に乗っていると、面白いことや辛いことなど色々あります。
 特に金曜夜は、悲惨ですよね。
 私は下戸に近いくらいお酒に弱いので、体調があまり良くないときは臭いだけでも十分気持ち悪くなってしまいます。
 あと2ヶ月もすると年末ということで、忘年会シーズンに突入します。すると、この時の夜遅い電車は本当に地獄です。

 ある月曜日の夜10時すぎの帰り、秋葉原で山手線から総武線に乗り換えると、いつものように車内は大混雑でした。小岩を過ぎればある程度楽になると頑張っていたのですが、四方八方をアルケーな吐息に囲まれてしまいました。
 その日は都内をかなり歩いたので、クタクタでした。座席が空けばたとえ次降りる駅だとしても座りたいと思ったくらい、疲れていました。
 そんな身体にアルコールの、しかも生暖かい息が。
 それでも頑張って小岩まで来ると、案の定車内が空いてきました。そして次の市川で、目の前の席が空いたのです。これは助かりました。胸の奥の方でドヨドヨとしたものが渦巻いていたのですが、席に座るとそれもすぐに納まったんです。

 しかし、本当の事件はここからでした。
 究極の選択を迫られたのです。

 なんと、斜め向かいの方が……もんじゃ焼き製造器に。
 私の方に飛び散っては来ませんでしたが、周りの人が一斉にその場から離れました。座っているのは、呆然としているもんじゃ屋さんと私だけ。
 ここは立ちたい。でも、立ったら辛い。
 でも、立たなきゃ辛い。だけど、座ってもいたい。

 悩んだ末に、次の駅に到着したので降りる駅ではないのに下車しました。
 すると私だけではなく、結構降りたんです。そのほとんどの人は隣の車両へ移動しただけだったのですが、私は限界だったのでホームのベンチに座って休むことに。

 人って優しいですよね。
 ベンチに座っていると、もんじゃ屋さんと同じくらいの年齢の方が声を掛けてくださって、自動販売機から冷たい水を買ってきてくれました。
 それが、それだけ助かったか。
 冷たい水で気分がスッキリしたのと同時に、優しさに触れたことに嬉しかったです。
 お礼をして、お水代をお代えしして、次の電車で帰ることができました。ちなみに、私に声を掛けてくださった方はその駅で降りる方でした。家路を急ぎたいだろうに。本当に嬉しかったです。今でも感謝しています。ありがとうございました。

 それにしても、本当に辛い電車でした。
| 電車内で | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP